水漏れの対処法と修理に役立つ知識

水漏れの対処法と修理に役立つ知識 家の水回りのトラブルはいつ発生するか分かりません。特に水漏れは対処が遅れると、水浸しになる可能性もあるので、なるべく早く対処することが肝心です。蛇口や給湯器など毎日使用している箇所は、一定の年数が経つとパッキンや取り付け部分が劣化して水が漏れることがあります。水漏れを見つけたら、原因を突き止め、状況によっては業者に依頼せずに自分で修理することも可能です。
自分で修理するなら、工具を揃えておくことも必要です。モンキーレンチ、精密ドライバーなど専用工具があるので、いざ、水道 修理が必要になったときに慌てないように、買い揃えておくことをおすすめします。原因がはっきり分からず、自分で対処が難しい場合は、無理せずにプロに依頼しましょう。

■水漏れを見分ける方法と修理前の対処法

水漏れには水が溢れだすような分かりやすい状態もあれば、徐々に漏れ出し続けるという分かりづらい状態もあります。場所で言えば、キッチンやトイレなどいつも使用する場所は見つけやすく、分かりやすいですが、排水管など普段見えない箇所は分かりづらくなります。知らない間に水道料金が上がって驚いたり、気づいたら床や壁が湿っていたり、雨が降っていないのに、いつも同じ場所の土が湿っている場合は、水が漏れているサインです。
家の中の水回りを総点検してください。水が漏れているのを発見したら、近くの止水栓を閉めます。床や壁から水が漏れているときは、給水管と排水管のどちらか判断するため、止水栓を閉める前に家中の水道を使用しない状態で、メーターが回るかチェックします。水が漏れている箇所が見つけられなくても、止水栓を閉めて水道料金の上昇を食い止めます。

■水漏れの原因と自分で修理できる事例
水が漏れる主な原因は本体の老朽化、パッキンなどの劣化、ナットなどのゆるみ、給排水管の損傷、排水管などの詰まりです。本体の老朽化は水道設備そのものが劣化し、壊れてしまうことです。蛇口など小さな部位なら、自分で修理することも可能ですが、便器や浴室などは業者に依頼した方が良いです。パッキンなどの劣化は、ホームセンターで新しいパーツを購入することができるので、修理可能です。
ナットなどのゆるみは、時間の経過とともに発生しますが、再度締め直すだけなので、工具があれば簡単に対処できます。給排水管の損傷は凍結や劣化により、破損してしまう現象で、専門業者に依頼した方が良いです。排水管などの詰まりは軽症なら、掃除用具や洗浄剤で対処できますが、重症の場合は業者に相談してください。

■水漏れ修理は保険の適用も受けられる

水漏れのトラブルには工事やパーツ交換などの費用が発生するため、いざというときのために保険で備えておくことも一つの方法です。火災保険や個人賠償責任保険は水トラブルに対応しています。水災保険もありますが、これは洪水や土砂崩れなど自然災害に対応しているため、水が漏れるトラブルには適用されません。
火災保険は水道管、排水管、ガス湯沸かし器、トイレ水洗設備、雨樋、浄化槽などの水トラブルに適用されます。ただし、設備故障の場合で、雨漏りは建物の老朽化が原因になるため、対象になりません。個人賠償責任保険は事故により発生した損害賠償や弁護士費用を保障してくれます。マンションで水漏れが発生し、階下に被害が出た場合の賠償に充てることができます。

■まとめ
水漏れトラブルが発生した場合、水回りを総点検し、原因を突き止めます。水道料金が上昇しないように、近くの止水栓を閉めることを忘れないでください。家族が多いなど毎日水の利用が多い家庭は、水周りのトラブルが発生することを想定して、自分で対処するための工具を揃えておくと良いです。素人で対処できないと判断したら、無理せずにプロに任せましょう。持ち家の方は加入している火災保険で、水道 修理工事費用が適用になることがあるので、確認してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース